★おすすめサイト ヘッドライン

ミスチル・桜井和寿、名波浩の引退試合で華麗なドリブル!劇的ロスタイム弾を演出!

サッカーの元日本代表MF名波浩氏(37)の引退試合が1月10日、静岡・袋井市のエコパスタジアムで行われた。

この試合には、名波氏とも親交の深いMr.Children桜井和寿(39)も選手として参加し、華麗なドリブルを披露するなど4万人の大観衆を沸かせたようで…?

(以下引用)

98年W杯の代表22人中15人が集結し、名波氏と親交のあるミスチル桜井和寿矢部浩之土田晃之ワッキーらも盛り上げた。

4-4の後半ロスタイムに左足ボレーで決勝点を入れた名波氏は「まだまだ名波浩の利用価値はあるね」。ここ数年で入場者数の伸び悩みが叫ばれる日本代表戦やJリーグを尻目に、圧倒的な集客力を見せ、満足そうに笑った。

(引用元:日刊スポーツ)

名波浩氏はジュビロ磐田、イタリア・セリエAのACベネチアなどでプレーし、2008年に現役引退。現在は、ジュビロ磐田のアドバイザーや、サッカー解説者として活動中とのこと(情報元:ウィキペディア)。

1月10日の引退試合には三浦知良、中山雅史、中田英寿ら大物スターが駆けつけたが、なかでも異彩を放っていたのがミスチルの桜井和寿

「ジュビケン(ジュビロ磐田研究会の略)」という草サッカーチームに所属するほどのジュビロファンで、名波氏とも親交が深いそうだ(情報元:ウィキペディア)。

その桜井は、まず国歌斉唱で盛り上げた。

【動画】 ミスチル桜井・国歌斉唱
(※音が出ますのでご注意ください。情報元:YouTube)

その後試合にも途中出場し、終了間際には見事なドリブルを披露した。

【動画】 ミスチル桜井・華麗なドリブル
(※音が出ますのでご注意ください。情報元:YouTube)

桜井のドリブルから高原→山西とつなぎ、見事名波の決勝ゴールに結びつけた。普段歌う姿しかみたことがない桜井だが、かなりの腕前のようだ。

名波も、最後の最後に劇的なゴールを決めるところはさすがスター。最近、人気の陰りを指摘されるようになったサッカーだが、久しぶりに盛り上がったようだ。

【管理人からのお知らせ】2019/3/1
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★関連記事

★桜井和寿の噂を探すならコチラ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

\フォローする/

★おすすめサイト ヘッドライン

コメント

  1. 名波ファン より:

    名波はトルシエ監督時代に膝の手術をして、その後代表から落ちてしまった。
    W杯の代表に落選した際、「代表から落ちたのはケガのせいではなく、自分に力がなかったから」
    と言っていた。この言葉をテレビで見たときはかなり泣いた。
    名波のことずっと好きです

  2. いい試合をしてきましたね。第2試合も名プレイをしてくださることでしょう。