★おすすめサイト ヘッドライン

草なぎ剛、ビートたけしを待ち伏せし“北野映画”への出演を直訴!両者の思惑は一致する?

SMAPの草なぎ剛(34)が、打ち合わせ中のビートたけし(62)を待ち伏せし、あることを直訴していたらしい。

草なぎが深夜1時まで待ち続け、直訴したその内容とは…?

(以下引用)

場所はTBS近くの焼き肉屋の前。その日、たけしたちは店内でスタッフと打ち合わせをしていた。それを草ナギは終わるまで待ち、たけしが出てきたところで「たけしさんの映画に出してくれませんか」と言ったらしい。

草ナギを知る映画関係者は「彼は以前からたけしの大ファンで、一度は北野監督の映画に出たいと思っていたんです。去年、主演した映画が大コケしたこともあって、その思いがさらに強くなったんでしょうね」と言う。

草ナギは03年の主演映画「黄泉がえり」がロングランヒット。06年の「日本沈没」は興行収入50億円を超す大ヒットになったが、昨年、公開された「山のあなた~徳市の恋~」は、大惨敗した。

「草ナギがたけしの直訴したのは、土曜日の深夜でした」(TBS関係者)

たけしは昨年10月から、TBSの土曜夜10時からの情報報道番組「ニュースキャスター」で初のキャスターにチャレンジしている。

「番組が終わると次の打ち合わせをTBS近くの焼き肉屋でやるんです。草ナギもいったんは店内に入ったようですが、ニット帽を深くかぶっていて、店の人は草ナギと分からなかったみたい。で、“いっぱいです”と断られてしまった」(店の客)

打ち合わせを兼ねた食事会が終わったのは夜中の1時半頃。草ナギは寒空の中、たけしを待っていたのだ。草ナギの熱意にたけしは、応えることができるのか?

(引用元:ゲンダイ)

先日、結婚サービス関連会社から発表された「草食男子でイメージするタレント」ランキングで見事(?)1位に輝いた草なぎ。「中性的」「堅実で恋愛しなくても平気そう」(情報元:日刊サイゾー)と、恋愛には消極的なイメージを持たれる草なぎだが、仕事に対しては積極的だったようだ。

それにしても、北野武監督の「大ファン」だったというのは初耳。「山のあなた」が不調に終わり、なりふり構わず営業をかけていた可能性もあるが、わざわざ興味のない監督のところへ赴くこともないだろう。あまり想像がつかない組み合わせだけに、実現すれば新味を出すかも。

ちなみに北野武監督の次回作といえば、「高倉健を起用したやくざ映画」や「”大衆演劇のホープ”といわれる早乙女太一を起用した時代劇」(情報元:日刊サイゾー)とのウワサもあるが、暗礁に乗り上げているとも。

海外での高い評価とは裏腹に、国内では興行不振が続くことも多いという北野作品。たけし自身も「日本で当たるものを撮らないと」と苦悩しているようだ(情報元:Techinsight Japan)。

多少事情が違うにせよ、ヒット作が欲しい草なぎとたけし。二人の思惑は果たして一致するだろうか。

【管理人からのお知らせ】2018/12/21
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★関連記事

★草なぎ剛の噂を探すならコチラ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

\フォローする/

★おすすめサイト ヘッドライン