★おすすめサイト ヘッドライン

ムロツヨシ、公式サイトの宣材写真を変更でアクセス殺到!スタッフ大慌ての事態に【画像】

俳優・ムロツヨシ(40)が2016年5月14日放送のバラエティ番組「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)にゲスト出演し、自身の公式ホームページ上で紹介されている“宣材写真(顔写真)”の変更を賭け、松本潤(32)とゲームで対決したが、敗れてしまったという。

ムロは約束どおりプロフィールに使用している顔写真を変更することになったが、放送後にアクセスが殺到したらしく、一時ムロの公式ホームページにつながらない状態となったようで…?

※変更しようとしたスタッフが大慌ての状況に。
computer_server_panku.png

ムロツヨシといえば近年、個性派俳優としてブレイクし、2016年はすでに主演ドラマ「悪党たちは千里を走る」(TBS系、2016年1月期)に出演し、現在はドラマ「重版出来!」(TBS系、2016年4月期)や、映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」(2016年5月14日公開)に出演中のほか、コント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~(第4シリーズ)」(NHK、木曜22:25~22:50)でも様々なキャラクターを演じるなど、幅広いフィールドで存在感を示している。

今後も映画「ヒメアノ~ル」(2016年5月28日公開予定)や、映画「金メダル男」(2016年10月22日公開予定)、ドラマ「勇者ヨシヒコと導かれし七人」(テレビ東京系、2016年放送予定)への出演が控えるなど、その勢いは衰え知らずだ。

そんなムロが現在、公開中の映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」の宣伝も兼ね、2016年5月14日放送のバラエティ番組「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)にゲスト出演し、“MJ”こと松本潤と対決を行う“THIS IS MJ”のコーナーで“カッコいいアクション 三番勝負”で戦うことになった。

松潤はムロが負けたらムロの公式ホームページ上のプロフィール欄に表示されているイケメン風の“宣材写真(顔写真)”の変更を要求し、ムロは松潤が負けたら今後“THIS IS MJ”の“MJ”といえば“ムロツヨシ・ジャパン”と呼んでもらうことを要求した。

だがムロはあえなく松潤に3連敗し、公式ホームページの“宣材写真”を変更することになった。

だがムロは敗北直後に「このコーナーが終わった瞬間から切り替わってる」「今まだ見られますよ、昔の写真が」「急上昇ワード第1位目指すぞ」などとあおった影響もあったのか、コーナー終了後にはムロの公式ホームページにアクセスが殺到し、ページにつながらない状態となってしまった。

ムロはこの状況を受け、放送後のツイッターで「すげーたくさんの人が見にきてくれた為、ホームページ内で宣材写真を変えようとしたスタッフが、ホームページにたどり着けず、作業ができない事態に陥りました、スタッフがびっくりです、あの瞬間に変えようとしたスタッフが、」「スタッフが頑張って変更します、のでしばしお待ちください、いや、想像超えてまして、すみません、」「みれてない方、ほんと、すみません、検索させといて、検索詐欺では、ありません、ムロツヨシは検索詐欺をしてません、しません、」と謝罪する事態となるなど、反響が大きかった。

だがほどなく閲覧できるようになったようで、「みなさま、たくさんありがとうございます、変態仮面のおかげであの番組に出て、急上昇ワード1位にならせてもらいまして、宣材写真も変えました、映画、変態仮面、本日より公開、変態仮面も宣材も宜しくお願いします」などと、ちゃっかり宣伝していた。

そんなムロの公式ホームページに表示されている宣材写真(変更前後)が、以下でみられる。

【画像】 ムロツヨシの宣材写真・ビフォーアフター

変更前は二枚目路線だが、変更後も割とクールであり、服装が若干ラフになった程度で雰囲気はあまり変わっていない印象も受ける。

ネット上では「変更後のほうが好き…かも」「あまり変わってなくない??」「いまの方がかっこいい気がする」などと、期待したほど大きなオチがあったわけでもなかったようだ。

それでもあまりウケを狙った写真にしてしまうと、今後ムロが話題になった際に使われる写真がそのウケ狙いの写真になってしまうので、こうした微妙な変化もやむを得なかったかも。

それにしてもサーバーがダウンしてしまうとは嵐の番組による反響の大きさは言わずもがなだが、ムロへの関心度の高さも示す出来事となったようだ。

★ここまで、お読みいただきありがとうございます。

合わせて読みたい→ ムロツヨシの“40歳”誕生日を祝った相手とは?小栗旬、松本潤、生田斗真らがサプライズ!

※ムロツヨシさんのうわさは こちらからどうぞ

【管理人からのお知らせ】2022/8/6
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
★おすすめサイト ヘッドライン
   
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告