★おすすめサイト ヘッドライン

高橋克典、「朝ドラ向きではない」20歳の頃の写真を公開!「男前すぎる」【画像】

俳優・高橋克典さん(57)が2022年11月23日付のブログで、20歳の頃の写真を公開しました。

ネット上では「男前すぎる」「筋肉が凄ーい」「ハリウッドスターかと思ったよ」などと、絶賛の声が挙がっています。

※オレについてこい。
book_idol_poster_man.png

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1.高橋克典の20歳ショット

レザージャケットを左肩に羽織り、右手を左肩に添えている20歳の頃の“モノクロショット”で、タンクトップからのぞく筋肉質な右腕や、何かをにらむように向けた視線がワイルドです。

高橋さんは現在、連続テレビ小説「舞いあがれ!」(NHK、2022年下半期)で女優・福原遥さん(24)演じるヒロイン・岩倉舞の父親・岩倉浩太役を演じていますが、高橋さん自身が演じる、浩太の20代時代の回想シーンには「無理があった」という意見が寄せられていることを引き合いに出したうえで、披露してくれた「リアル20歳はこうでした」という一枚です。

ネット上では「驚くべきハードボイルド」「彫刻みたいですね」「リアル20もかっこいいけど、朝ドラの20もめちゃよかったですよ!」などと、絶賛や励ましの声が出ていました。

なお高橋さんは2022年11月27日付のブログでも、上掲の写真と同時期に撮影したとみられる写真を披露していました。

彫りの深い顔だちや、研ぎ澄まされた肉体が作る陰影が、日本人離れしています。

また、「舞いあがれ!」の回想シーンのオフショットは、高橋さんが2022年10月23日付のブログで披露していました。

パーマヘアの高橋さんと、聖子ちゃんカットの女優・永作博美さん(52)が並んだ一枚で、お二人は「舞いあがれ!」で夫婦役を演じています。

うーん…確かに20代の回想シーンには無理があるかもしれませんが、お二人の髪型が昭和の香りを運んできます。

2.高橋克典が過去に披露した懐かし写真

高橋さんは、過去にも懐かしい写真を披露したことがあります。

ここでは、それらをいくつか振り返ってみましょう。

2-1.アルバム「7COLORS」のポスター

2022年5月18日付のブログで披露したもので、4枚目のアルバム「7COLORS」(1996年4月1日発売)の販促用ポスターです(当時31歳頃)。

高橋さんはシングル「抱きしめたい」(1993年2月25日発売)で歌手デビューし、これまでにシングル19枚、アルバム11枚をリリースしました(2022年11月現在。情報元:ウィキペディア)。

2-2.ドラマ「ピュア」と「For You」のオフショット

2016年9月27日付のブログで披露したもので、ドラマ「ピュア」(フジテレビ系、1996年1月期、主演は和久井映見さん)のオフショット(、当時31歳頃)と、ドラマ「For You」(フジテレビ系、1995年1月期、主演は中山美穂さん)のオフショット(、当時30歳頃)です。

高橋さんは1980年代に俳優デビューしていたようですが、1990年代に連ドラに多数出演しており、1994年と1995年には連ドラに3本ずつ出演するなど、引っ張りだこでした。

2-3.デビュー2~3年頃の写真

2022年5月28日付のブログで披露したもので、「デビューして2~3年目かな」という一枚です。

黒のTシャツに黒のジャケットを着こなし、微笑んでいる一枚で、Tシャツの胸元にかけたサングラスもクールです。

3.まとめ

高橋克典さんが、20歳の頃のモノクロショットを公開しました。

高橋さんは現在、連続テレビ小説「舞いあがれ!」(NHK、2022年下半期)でヒロインの父親・岩倉浩太役を好演しており、円熟味の増した演技からは誠実で優しい人柄がにじみ出ています。

一方で自身の20歳の頃については「朝ドラ向きではない。笑」と自虐していますが、無骨で男気に溢れる雰囲気がカッコいいです。

★ここまで、お読みいただきありがとうございます。以下もどうぞ☕

俳優・草なぎ剛(44)が2018年10月27日付のツイッターで、バイクにまたがった俳優・高橋克典(53)とのツーショット写真を公開している。 ネ...

俳優・高橋克典(51)が長男(7)の“赤ちゃん時代”の子育てについて、2016年9月15日発売の育児情報誌「ひよこクラブ」(2016年10月号)の...

俳優・高橋克典(51)が2016年1月3日付のブログで、箱根駅伝を沿道で応援している写真を公開している。 ネット上では「青学優勝、おめでとうござ...

高橋克典のブログアカウント。俳優・高橋克典のSNSやプロフィールや芸能ニュースをまとめて紹介。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
★おすすめサイト ヘッドライン