★おすすめサイト ヘッドライン / まとめサイト速報 / Hao123 / 芸能ニュースまとめ / 芸能界のうわさ / 芸能人ブログ全集

大野智、タワーマンションから近所に引っ越しの裏事情!背景に噂の“彼女”との訣別?

嵐・大野智(35)が2016年3月上旬、都内のタワーマンション前に車を停め、友達らしき3、4人で荷物の積み卸しをしていたと、3月22日発売の「週刊女性」が報じている。

大野は引っ越し作業をしていたようだが、転居先はそのタワーマンションからほとんど離れていない場所だという。

にもかかわらず、引っ越しをする背景にはどのような事情があったのだろうか…?

※「世界一難しい恋」を乗り切るための心機一転です。
car_truck_hikkoshi.png

大野智といえば、2015年9月18日発売の「フライデー」に10歳年下の元女優・Aさんとの“岩盤浴デート&焼き肉デート”をキャッチされたことで話題をさらった。

その後Aさんが開設したとみられるインスタグラムやツイッター上に、嵐や大野を連想させるものが映った写真が掲載されていたことが発覚するなど、ファンの間には想像以上に波紋が広がった。

しかもこの“大野ショック”に拍車を掛けたのが、他でもない大野の開いた個展「FREESTYLE II」(2015年7月24日~8月23日:東京・スペースオー)に展示されていた作品や、同展の開催に伴い発売された大野の作品集「大野智作品集 FREESTYLE II」(2015年7月24日発売)に隠された疑惑だった。

同展に展示されていたパグ(小型犬の一種)のイラストや作品のモチーフになったのがAさんの愛犬である可能性が浮上したほか、「大野智作品集 FREESTYLE II」のクレジット欄に記載されていた人物のローマ字表記を並び替えると、Aさんの本名になる“アナグラム”になっていることがわかったことなどから、2人の熱愛疑惑はさらに大きなものになっていった。

「フライデー」に夏目鈴さんとの熱愛同棲を報じられた嵐の大野智さん。個展用に描いたパグの絵のモデルが彼女の飼い犬だったのではないかという疑いを含め、数々のプライベート写真流出が問題になっていましたが、今度は大野さんが自身の作品集に夏目鈴さんの本名である「藤岡まなみ」の名前をアナグラムで隠して掲載していた疑惑が浮上し、ネッ...

(※大野さんらしい気もします)

上記は確かに偶然にしてはできすぎにもみえますし、そもそもファンはツーショットを報じられただけでもショックなのに、それに追い打ちをかけるように大野が自身の作品内にまるでAさんとの秘め事のようなサインを忍ばせていたのだとすれば、それはファンも激怒するか、落胆するか、あるいはそんな状況を受け容れたくない気持ちになっても無理はないかも。

実際、個展のグッズ会場で販売されていたパグのイラスト入りTシャツやマグカップを購入したファンの中には「もう捨てたい」と嘆く者まで出る事態となった。

この状況を受けた大野は「フライデー」発売日(2015年9月18日)の翌日にスポーツ各紙の取材に応じ、「今回、僕の軽率な行動でファンの皆様を悲しい気持ちにさせてしまったことを反省し、申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪したほか、Aさんについては「友人の一人」としたものの「もう会うことも一切ありません」(情報元:9月20日付のスポーツニッポン)と苦渋のコメントを残した。

この発言はファンの気持ちを最優先に考えたものではあるが、仮に大野がAさんと親密な関係だったとすれば「友達」というたったひと言で彼女を裏切ってしまったことになりますし、実際に単なる「友人」だったとしても「もう会うことも一切ありません」という言い方は大変失礼に聞こえるだけに、空しさも残るものだった。

またAさんがいなければ当該作品を創出できなかったとすれば、その作品そのものも悲しい思いをしているでしょうし、せめて大野に隙がなければこのような事態を招くこともなかったはずだが、彼も人間であり、むしろ芸術家としての人間らしさの出たドタバタ劇だったと考えたい。

大野の個展「FREESTYLE II」は現在、大阪で開催されているが(2016年3月3日~4月3日:グランフロント大阪 ナレッジキャピタル)、残念ながら販売グッズにパグをあしらったTシャツとマグカップはなく、代わりに「FS II」(「FREESTYLE II」の略でしょう)というシンプルなロゴに切り替えたTシャツとマグカップが販売されているようだ。

そんな大野がこの時期、これまで住んでいたタワーマンションから引っ越しをしていたという。

業者には頼まず、友人らしき3、4人で家具などを運んでいたようなので、所持品等の情報が外部に漏れることを嫌った可能性もある(本来ならば、そうしたことはないですが)。

「Johnny's Watcher」では「田口淳之介と小嶺麗奈の同棲を引っ越し業者がツイッターで暴露!」について情報をお届けしています。ジャニーズの最新情報、裏ネタ、スキャンダル、スクープ、画像やプラ写をとことん追っかけてます!

(※田口の引っ越し時に引っ越し業者から情報が漏れたこともありました)

3月といえば偶然にも“引っ越しシーズン”ではあるが、大野がそこまで警戒しながらも引っ越し作業をしていたのはナゼなのだろうか…?

(以下引用)

「大野クンが新しく引っ越したマンションは、以前住んでいたところからほとんど離れていません。

なぜ引っ越しをしないといけないのかと思うところですが、背景にはどうやらあの女性とのことがあるみたいで……」(ワイドショースタッフ)

(引用元:週刊女性PRIME)

大野の転居先はこれまで住んでいたタワーマンションからほとんど離れていない場所のようだが、にもかかわらず引っ越す背景にはAさんとの訣別があるのかも。

もし大野にとってそのタワーマンションがAさんとの思い出の場所の一つだったとし、大野が「もう会うことも一切ありません」の言葉どおり彼女との別れを決意したのだとすれば、彼がそこに居続けるのは辛いことであるとも推察できる。

もっと遠くへ引っ越す手もあったかもしれないが、大野はその街に愛着を持っている可能性もありますし、セキュリティ等の面も考慮したうえで、近場になってしまったとも考えられるが、よほどの理由もなくわざわざそんなに近い場所に引っ越す理由もないですし、やはり背景にはAさんとの訣別があると考えるのが自然かも(余計なお世話でしょうけど)。

だがこの引っ越しは、大野にとっての一つの区切りになりそうで…?

(以下引用)

やはり大野クンはファンのことを選び、あれ以来、彼女と連絡をとることや会うことをいっさい絶ったといいます。

突然会わなくなったので、前の家にはまだ、彼女の洋服などの私物が残っていたそうですよ」(前出・ワイドショースタッフ)

思い出の詰まった場所から離れることで、元カノのことを早く忘れたかったのかもしれない。

(引用元:週刊女性PRIME

嵐のリーダーでもある大野の引っ越しは、今後も“アイドル”として生きていく選択をした決意表明なのかも。

大野は2016年4月13日スタートのドラマ「世界一難しい恋」(日本テレビ系)で主演を務めるが、せめてドラマでは恋が成就することを願う(ファンは複雑でしょうけど、こちらはあくまでもドラマですから。期待しましょう)。

また奇しくも2016年3月末には田口淳之介(30)がKAT-TUNおよびジャニーズ事務所を脱退・退所するが、その背景には恋人・小嶺麗奈(35)の存在があるとされる。

大野と田口の対照的な選択からは一度きりの人生をどう生きるのか、アイドルとは何なのかを考えさせられる出来事のようにもうつる。

少子高齢化や晩婚化が進む昨今は、30歳でもアイドルとして通用する時代のようだが、本来であれば青春時代に生きる10代の方々が憧れる同世代のスターが台頭し、アイドルの底上げができればいいと思う。

とはいえ、やはりアイドルはいくつになってもアイドルなのでしょうかね。

★ここまで、お読みいただきありがとうございます。以下もどうぞ☕

嵐・大野智(35)が2015年9月18日発売の「フライデー」に元女優のAさん(24)との“岩盤浴デート&焼き肉デート”を報じられたことをきっかけに...

嵐・大野智(34)と元女優のAさん(24)の“岩盤浴デート&焼き肉デート”を、2015年9月18日発売の「フライデー」が報じている。同誌によると、...

嵐・大野智(34)の7年ぶりの個展「FREESTYLE II」が2015年7月24日からイベントスペース「スペースオー」(東京・表参道ヒルズ 地下...

「人気のまとめサイト」をまとめています

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
★おすすめサイト ヘッドライン
   

コメント

  1. 匿名 より:

    ジャニのアイドルがそんな肉体労働する訳ないでしょ(笑)捏造するにしても話ズレ過ぎ。一般の業者にはもう頼まない様に事務所が手配してくれてるとか!?守秘義務きちっとした芸能人御用達の特別な裏業者とか存在してそう。

  2. 匿名 より:

    えっなにここのコメント。
    大野さんの同棲をなかったことにしようとしてるの?
    歴史捏造に日本人は寛容だね。

  3. Wakako Frisbie より:

    大野さん、松潤さん その他の芸能人の方々がきちんとご自分達のお仕事をしっかりしていらっしゃれば私達フアンは 心から嬉しいはずです。だれがだレと何をしているかはNone of our business ではないでしようか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告