★おすすめサイト ヘッドライン

中居正広の“月9”白紙騒動、悪いのはダレ?「マネーの拳」が“婚活モノ”に急遽変更!

昨年公開の映画「私は貝になりたい」で好演したSMAPの中居正広(36)が、11年ぶりにフジテレビの看板ドラマ枠「月9」に帰ってくる。

ところが、ドラマの脚本を巡って早くも一騒動があったようで…?

私は貝になりたい (朝日文庫)

(以下引用)

「実は、当初『月9』の脚本は婚活をテーマにしたものではなかったんです。元世界チャンプのボクサーが、第2の人生でもビジネス界の頂点を目指すという人気漫画『マネーの拳』に決まっていました。中居さんは過去に、『ナニワ金融道』で好演していますから、“お金”をテーマにした話にも、当初は前向きだったようなのですが……」(前出・テレビ雑誌記者)

しかし、脚本ができあがってくると、中居クンの態度が一変したという。

「中居さん、“話が変わってるじゃん。あの映画の後に、これじゃないでしょ。オレ、やんねぇよ”とまでいいだしたようです。どうも、現在の世界的な不況時代に、成り上がりの美学を求めても……と。映画『私は――』の主人公(処刑される日本兵)のような見る側の心を打つ生きざまを今回も表現することは、難しいと感じたんじゃないでしょうか」(制作会社スタッフ)

(中略)『マネーの拳』の原作者であり、『ドラゴン桜』でも知られる人気漫画家の三田紀房氏を直撃してみると……。

昨年の10月ぐらいに“ドラマにしたい”という話があり“正式にお願いしたい”ということになったのは、昨年の暮れぐらいだったと思います。そして、“こちらの不手際で”と、年明けの1月中旬にプロデューサーの方が謝罪に来られました。理由は、中居さんが“別なもので、こういう内容じゃないものをやりたい”ということで……」と困惑ぎみに話す。

(引用元:週刊女性)

中居正広が主演を務めるのは、今年4月スタートの「月9」(タイトル未定)。共演者は現時点で上戸彩佐藤隆太が決まっている。中居の「月9」出演は、98年の「ブラザーズ」以来11年ぶりで、連ドラとなると04年TBS系「砂の器」以来5年ぶりというから、ファンにとっては待望の決定だろう。

しかし、高視聴率が約束されるSMAPメンバーのドラマ出演にあって、これだけ長いブランクがあいたのは意外だ。バラエティ中心の中居だけに、ドラマ出演への執着心がなかったのかもしれないし、レギュラー番組の多さゆえにオファーを断り続けていた可能性もある。

真相は不明だが、昨年公開の映画「私は貝になりたい」のヒットがドラマ出演の追い風になった可能性はある。11年ぶりに月9で中居クンがみれるという期待感に、直前の映画のヒットが加われば、高視聴率は確約されているといえそう。

放送前から数字への期待が高い(蓋を開けてみないとわからないが)中居の傲慢と、不況を背にしてはその尻に敷かれるしかない(?)フジテレビの関係。いろいろな意味で、月9が楽しめそう。

騒動に関するご意見は、ワンクリックアンケートで皆さんに聞いてみたいと思う。お気軽にお願いいたします。

★ワンクリック・アンケート

【管理人からのお知らせ】2018/12/13
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★関連記事

★中居正広の噂を探すならコチラ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

\フォローする/

★おすすめサイト ヘッドライン

コメント

  1. 匿名 より:

    あのさー、中居は仕事に対してそんな事言わないから。それだったら、中居じゃなくて違うキャストにすればいいはなし。遠回りの叩きウザッ。

  2. より:

    もともと中居の月9は昨年中の予定でした。ライブなどで延期になってるんです、複数の週刊誌が書いてます。
    だから
    >真相は不明だが、昨年公開の映画「私は貝になりたい」のヒットがドラマ出演の追い風になった可能性はある。
    ここの部分は間違いですね。
    月9の変更は正月頃からネットでも噂になってましたよ。まさにこの経済事情で「成り上がり」ものは受けないだろうという理由でした。ネット上でも当然という受け止められ方でしたよ。新潮が似た理由で「ハケンの品格」も中止になった記事を書きましたよね。今無理やり「マネーの拳」をやる方が暴挙だと、原作知ってる人なら思いますから。

  3. セブン より:

    ご訪問者さま♪
    はじめまして。ご訪問&ご意見をいただき、ありがとうございます。
    情報元の記事に関しましては、どの程度まで本当のことなのかはわかりませんが、多少大げさに書かれているかもしれません。
    他のスポーツ紙では、ジャニーズ事務所が「マネーの拳」の内容を強引に変更したため、作者が怒って白紙になったという風にも書かれています。
    特定のどなたかを叩いているつもりはないのですが、そのようにお聞こえになる内容でしたら申し訳ございませんでした。

  4. セブン より:

    ご訪問者さま♪
    はじめまして。ご訪問&ご意見をいただき、ありがとうございます。
    >真相は不明だが、昨年公開の映画「私は貝になりたい」のヒットがドラマ出演の追い風になった可能性はある。
    ここの部分は間違いですね。
    なるほど、そういうことでしたか。それならば、その感想部分は誤りですね。申し訳ございませんでした。
    脚本内容に関しましては、やはり無理がありそうですね。
    活字記事というのは微妙なニュアンスなどをくみ取るのが大変で、解釈や伝え方が難しいです。
    また教えてくださいませ。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  5. 匿名 より:

    二兎を追う者一兎も得ず。
    アラフォー世代には抜群に上手い役者が結構います。中居の演技は年齢的には普通ですから。
    タッパがないから現代ものには向きません。

  6. セブン より:

    ご訪問者さま
    はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
    >二兎を追う者一兎も得ず。
    >アラフォー世代には抜群に上手い役者が結構います。中居の演技は年齢的には普通ですから。
    >タッパがないから現代ものには向きません。
    最近はアラフォー世代の役者さんが大活躍されてますね。
    日経エンターテインメントにも、そのような記事が出ておりました。
    中居さんは活躍がマルチな分、演技力まで求めるのは酷でしょうが、
    エンタテイナーとしては大活躍といっていいのかもしれません。
    また気軽に遊びに来てくださいね★どうぞよろしくお願いいたします。