★おすすめサイト ヘッドライン

亀梨和也、「神の雫」最終回も視聴率5.4%の惨敗!ブログでコメントした内容とは?

3月10日に放送されたKAT-TUN・亀梨和也(23)主演ドラマ「神の雫」(日本テレビ系)の最終回の平均視聴率が、5.4%だったことがビデオリサーチ社の調べでわかった。

亀梨は3月10日にブログでコメントを発表したが、その内容とは…?

text_kansya.png

亀梨和也は2009年3月10日付のブログで、「この3ヶ月間も色々な事を学ばせてもらって、、、何かに向かって歩むことって良いこともあれば、そうでない事もある。歩まなければ、傷も負わないし、学ぶ事も出来ない。今回、そう言った意味でも本当に良い経験をさせてもらった」、「俺は、みんなの力があるからこそ歩み続けられてるなと、、、いつも、ドラマ見てくれたり、CD聞いてくれたり、舞台来てくれたり、応援してくれるみんなッ感謝だぞっ」と、ファンへの感謝をつづっていた。

結果は結果として頭に置いておく必要はあると思うが、全ての責任が亀梨にあるわけではないはず。反省すべきはして、腐らずやっていれば、やがて浮上の目も出てくるだろう。

それにしても、KAT-TUNのイメージからは想像もつかないほど謙虚にみえる亀梨。先日、3年前に亀梨が言ったという「深イイ言葉」に関する記事を紹介したが、その「言葉」というのも、まさしくハングリーなもの。なかなかの名言だと思った。

“低視聴率男”亀梨和也が3年前に言った深イイ言葉!「辛いのは一瞬、作品は一生」

今後、亀梨がどのような形で起用されるのかわからないが、あまり外野に左右されず、着実にステップアップしていって欲しいものです。

★関連記事

※亀梨和也さんの裏話は こちらからどうぞ

【管理人からのお知らせ】2020/12/29
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

\フォローする/

★おすすめサイト ヘッドライン