★おすすめサイト ヘッドライン / まとめサイト速報 / Hao123 / 芸能ニュースまとめ / 芸能界のうわさ / 芸能人ブログ全集

井上真央の字が綺麗すぎる!「おひさま」での板書や手紙は井上の直筆【画像】

連続テレビ小説「おひさま」(NHK)で、ヒロイン・陽子が書く黒板の板書や手紙の美しい文字は、女優・井上真央(24)の直筆だという。

井上といえば、箸の持ち方もきれいと話題になったことがあるが…?

writing09_woman.png

(以下引用)

陽子が書いたという設定の手紙はほぼ全部、真央ちゃんが書いています。当時のままに、ペンにインクをつけて。

学校をやめたとき、教え子ひとりひとりに手紙を書くシーンがあるんですが、それも全部自分で書いていました。

実際の生活でも、差し入れや手紙をもらったら、翌日にはすぐに返事を書くような人なんです」(小松さん)

(引用元:NEWSポストセブン)

その井上真央の手紙の文字がコチラでみられる(↓)。

達筆ですね。さすが。

2ちゃんねるでは「字がキレイってかなりの高ポイントだな」「字も所作も綺麗ってのはそれだけで好感度上がるな」「黒板てきれいに書くの難しいよね」「黒板に書いた文字って、なぜかまっすぐにならない不思議」「おまけに歯並びが綺麗、どこに出しても恥ずかしくないお嬢さんだね」などと絶賛の声が挙がっていた。

そんな井上といえば、箸使いも美しいと話題になったことがあるようで…?

(以下引用)

「実は主役が真央ちゃんに決まってすぐに、事務所に“お箸(の持ち方)、大丈夫ですか?”と確認したんです。とにかくこのドラマは食べるシーンが多いですから。でも心配は無用でしたね」

ドラマの前半では、早くに母を亡くした陽子が、一家の家事を一手に担う。そのため、陽子が家族のお弁当を作るなど、料理をするシーンが多かった。そのときの大きな菜箸の使い方も見事だった。

(引用元:NEWSポストセブン。NHKの小松昌代チーフ・プロデューサーの談話)

井上の箸の持ち方は、5月1日付の読売新聞の投書をきっかけにネットで話題になったようだ。

ちょっとした所作だが、ドラマの値打ちまで変わってきそう。

「おひさま」は10月1日に最終回を迎える予定だが、それまでにまた何度かみられるだろうか。

井上の“箸”と“文字”に注目したい。

★ここまで、お読みいただきありがとうございます。以下もどうぞ☕

テレビでみせる「箸の持ち方」や「食事のマナー」などが、タレントの好感度調査に影響を及ぼしているという。 女優・井上真央(24)は、連続テレビ小説...

女優の井上真央(22)が2009年10月31日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)にゲスト出演し、思いをよせる“メル友”がいることを明かした...

この春、女優の北川景子(22)と井上真央(22)の2人が、ともに明治大学を卒業した。 2009年3月26日に行われた卒業式の後にそれぞれ会見を行...

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
★おすすめサイト ヘッドライン
   

コメント

  1. たしかに綺麗ですね
    実家の母親が欠かさずみてますよ

  2. さな より:

    マジで?手紙の字はペン習字やったみたいだ
    綺麗な女優が番宣で字が汚くて何となくイメージ壊れると思った事あったけど
    その逆だね
    がさつそうでも、所作が出来てると女度アップ!自分も頑張ろ

  3. 名無しの7日間 より:

    はい?あれ自分で書いてんの
    だとしたら抜群にうまいじゃん

  4. 名無しの7日間 より:

    うちのうるさいおばあちゃんが、陽子の座り方や扉の開け方や浴衣着てからの立ち振る舞いが完璧だと言ってた
    たぶん私への嫌味・・
    でも井上真央って昔から明るいけど仕草は女の子っぽかったよー

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告