★おすすめサイト ヘッドライン

酒井法子、“薬漬け”は完落ちしても絶対言えない事!入手ルートと仲間は明かせない?

覚せい剤の使用について、逮捕から起訴までの間に「1年以上前から」「自宅以外でも」と供述が変わってきた酒井法子被告(38)。

いよいよ“完落ち”が近そうだが、絶対に言えないことが一つだけあるという。出頭前に捨てた“アレ”に、その秘密が隠されている…?

smartphone_jidori_selfy_woman.png

(以下引用)

取り調べに対し、「(自分の携帯電話は)壊れたので捨てた」と供述していたが、後の供述で、「息子の携帯電話に自分のSIMカードを入れて使った」「(自分の電話は)怖くなって新宿のコンビニで捨てた」と語っている。

SIMカードとは携帯電話に入れるICカードのこと。おそらくこれに「社長」や継母など必要な連絡先のみを登録していたのだろう。極めて用意周到な逃亡である。

(引用元:週刊現代)

ドラッグ関係者の掟(おきて)といってもいいのかもしれない。薬物の入手ルートは、仲間であっても漏らさない。どうやら徹底されているようだ。

では、常習者はどうやって薬物を調達しているのだろうか。一番手っ取り早いのは、“レイブ”などのイベントに参加することだろう。

なにしろほとんど皆それ目的で集まっているようだし、どこで手に入れたのかは聞かずに、取引だけして入手すれば済む。

酒井がクラブやレイブで“クスリ漬け”になっていた様子は以下でも伝えられていたが、確かに余計なことを聞いていないようだ。

酒井法子の“クスリ漬け生活”、ドラッグ仲間が告白!隠語を駆使する常習者だった?

売人などと直接パイプを持つには、よほど口の堅い人間でなければムリなのかも。

今回、酒井は逃亡中に携帯電話を捨てたことで、この“暗黙のルール”を守ったことになりそう。

となれば、“クスリ漬け”の事実については“完落ち”する可能性が高いが、入手ルートの追及までは難しいかもしれない。

高相のように現行犯逮捕で、タイムラグなしに証拠品を巻き上げてしまわないと、ルートまでの手掛かりを見つけるのは大変そう。

“芋づる式”で逮捕者が出るかどうかは、高相の携帯電話の中身にかかっているかも。

合わせて読みたい→ 酒井法子、実母に捨てられていた!幼少時代に母親が2度も変わった複雑な過去とは?

※酒井法子さんのニュースまとめは こちらからどうぞ

【管理人からのお知らせ】2021/4/4
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

\フォローする/

★おすすめサイト ヘッドライン

コメント

  1. アイドルとシンジケートとの関係は、なかなかミステリアスなドラマ。
    しかし、今回の選挙戦で、酒井法子の騒動もかすんだかなあと思っていたら健在でしたね。

  2. 匿名 より:

    何で前に酒井関連の商品は全て引き上げたと言ってたのに、通販では何故まだ売ってるの?矛盾してる。