★おすすめサイト ヘッドライン

大沢あかね、劇団ひとりとスゴイ結婚誓約書を交わしていた?目的はひとりの浮気封じか!

順調な交際から結婚発表、入籍とトントン拍子でゴールインしたタレントの劇団ひとり(32)と大沢あかね(23)。

そんなラブラブぶりの裏で、スゴイ誓約書が交わされていたという。それは法的にも十分効力を持つものらしいのだが…?

keiyaku_keiyakusyo.png

(以下引用)

「5つの条文で構成され、ひとりは“五箇条のご誓文”と呼んでいる」(関係者)その内容は以下の通りだ。

【第一条】あかねを一生の妻とする
【第二条】死ぬまで愛を育む
【第三条】将来に渡り、互いを尊重し、尊敬する
【第四条】絶対に浮気をしない
【第五条】以上のことを一つでも破ったら別居した後、互いの協議のもと離婚する

(中略)「すべては、ひとりの浮気封じなんです。実はああ見えて女性にモテモテ。大沢と交際中にも他の女性の影がチラつき、最近まで合コンの誘いが頻繁に来ていたほどだ。そんなときに大沢は沢尻エリカの結婚誓約書を知ったようだ」

(引用元:東スポ)

沢尻エリカの「結婚誓約書」とは、2月頃に芸能誌「芸能ナックルズ」発でウワサになったものだろうか。

夫・高城剛氏が沢尻に対して何か不利益なことを行ったら、金銭的ペナルティを与えるというもので、沢尻に一方的に有利な内容らしい。

それによると「離婚の場合、高城の全財産の90%を沢尻が持って行く」などが含まれているそうで、かなり過激な内容とのこと。大沢もそれにならったのか、誓約書を作ったようだ。

第四条までは大きくザックリとした内容だが、五番目だけが急激に具体化しているのが笑える。特に「別居」はどうしても含めたかったのだろう^^;

最後にもう一つ。五番目で初めて離婚するのに、一番目は破りようがない気がするが…(ま、いっか)。

★関連記事

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

【管理人からのお知らせ】2020/12/24
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

\フォローする/

★おすすめサイト ヘッドライン