★おすすめサイト ヘッドライン

朝青龍、被害者男性と同意書を交わし示談が成立か!暴行はなかったことになる?

大相撲の横綱・朝青龍(29)が、2月1日に開かれる日本相撲協会理事会に「相手が『暴行されたと言ったのは嘘だった』と認めた書類」を提出するようだと、協会関係者が明かしていることが分かった。

2月1日の「日刊スポーツ」が報じている。朝青龍の引退、土壇場で消滅…?

bikkuri_me_tobideru_man.png

(以下引用)

麻布暑が朝青龍への事情聴取を検討、横綱審議委員の鶴田委員長が引退勧告を示唆する中で、師匠・高砂親方は理事会に「同意書みたいなものをみせます」と話したが、すでに弁護士を通じ被害男性との間で同意書が作成されているという。

それをもとに、きょうの理事会で高砂親方が説明をする運びだが、中身は「暴行はなかった」という、これまでの被害男性の主張とは180度異なるものという。

(引用元:梨元芸能!裏チャンネル)

朝青龍の周辺で、またもや驚きの展開をみせているようだ。

なんと、“暴行は嘘だった”との話がついているというもので、2月1日の理事会で高砂親方から詳細が報告されるという。

これが本当なら、ここにきていったい何があったのか。朝青龍が裏で圧力をかけたのか、はたまた被害者側の意図なのか。

いずれにしても、双方にとって最も都合のいい落とし所が“暴行はなかったことにしよう”ということなのか。

被害者側の男性も闇社会に通じた人物であるとの噂があり、朝青龍の事情聴取から思わぬ事件へ発展する危険性を憂慮した可能性もある。

朝青龍の暴行事件、被害届が出されぬ裏事情!殴った相手は闇社会に通じる人物?

こればかりは蓋を開けてみないとわからない話だが、“暴行は嘘だった”という話が通るようだと朝青龍も首の皮一枚つながりそうなだけに、大きな意味を持つ“同意書”となりそう。

貴乃花親方が一門を離脱したため、投票による理事選が行われることでも話題になっている2月1日の理事会。

朝青龍と貴乃花親方の動向次第では、角界に激震が走りそうな一日だ。

合わせて読みたい→ 横綱・朝青龍、電撃引退!ネット「寂しくなる」「最悪の結末」「残念だけど、妥当」

※朝青龍さんのSNSは こちらからどうぞ

【管理人からのお知らせ】2021/3/25
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

\フォローする/

★おすすめサイト ヘッドライン

コメント

  1. 匿名 より:

    高砂親方の対応には失望です。力士としての朝潮は人気があったのに。
    朝青龍の八百長疑惑も本当かもしれないと疑ってしまいます。引退後にモンゴルで大統領になると言われているらしいです。
    貴乃花親方は他派閥からも3票を獲得、透明性のある相撲協会にしてほしいです。
    文科省管轄の公益法人なのですから。

  2. ほう
    としかいいようのない展開。
    叩けば埃が出そうですね。
    昨日は雪で帰宅できずINできませんでした
    しつれいいたしました