★おすすめサイト ヘッドライン

本田真凜&平野美宇、カナダでバッタリの“遭遇2ショット”に反響!「スゴイ偶然」【画像】

女子フィギュアスケートの本田真凜(16)が2017年10月31日付のインスタグラムで、「トロントの空港で、フラ~っと歩いてたら美宇ちゃんとバッタリ!ほんとにびっくり!すごい偶然!あ~~びっくりした~~」のコメントとともに、カナダの空港で偶然鉢合わせたという女子卓球の平野美宇(17)とのツーショット写真を披露している。

ネット上では「スゴイ偶然」、「二人とも光ってます」、「見てるだけで癒される」などと、驚きや絶賛の声が挙がっている。

※カナダで遭遇したミラクルな一枚。
friends_girl.png

【画像】 本田真凜&平野美宇・ツーショット
(※左が本田、右が平野)

“デコ出し”のロングヘア姿で嬉しそうな笑顔をみせる本田(左)と、前髪ぱっつん姿もキュートな平野(右)の競技の垣根を超えた“高校生アスリート2ショット”。

ヒゲや鼻、ほっぺたなどに画像加工を施してあるものの、ナチュラルな素の表情がうかがえるほか、うっすらとみえる背景の様子からは空港の臨場感も伝わってくる一枚。

インスタグラムでは「海外でバッタリなんてスケールがちがう」、「運命だね」、「可愛すぎ!」、「これからもずっと応援してますなどと、驚きや絶賛の声が出ていた。

ちなみに本田は2017年6月28日付のインスタグラムでも、平野、伊藤美誠(17、女子卓球)、杉原愛子(18、女子体操)との4ショット写真を公開したことがある。

この時もネット上では「すごいメンバー」、「素敵な仲間」、「みなさんとっても可愛い」などと絶賛の声が出ており、同世代のアスリートとしてお互いが刺激を与え合っていることもうかがわせた。

そんな本田真凜といえばジュニア時代における「世界ジュニア選手権」(2016年優勝、2017年2位)の好成績を引っ提げ、2017/2018年シーズンからシニアへと活躍の場を移している。

本田はその初戦となった「USインターナショナルクラシック」(2017年9月13日~17日:アメリカ・ソルトレイクシティ)を優勝で飾るなど絶好の滑り出しをみせたが、続く「スケートカナダ(グランプリシリーズ)」(2017年10月27日~29日:カナダ・レジャイナ)では5位に終わった。

次戦は「中国杯(グランプリシリーズ)」(2017年11月3日~5日:中国・北京)を予定しており、この結果に「グランプリファイナル」(2017年12月7日~10日:名古屋・日本ガイシホール)への進出を懸けるほか、今後は「平昌オリンピック」(2018年2月、韓国)への出場権も争う重要なシーズンを迎えている。

一方、平野美宇は昨今の女子卓球界を席巻する活躍をみせており、2017年は「全日本選手権」(2017年1月)で史上最年少優勝を飾ると、「アジア選手権」(2017年4月・中国)でも史上最年少優勝(日本人選手の優勝は21年ぶり)、「世界卓球」(2017年6月・ドイツ)でも銅メダル(女子シングルスでのメダル獲得は48年ぶり)を獲得するなど、女子シングルスでめきめきと頭角を現している。

だが最近は層の厚い中国選手から研究されているためか、「女子ワールドカップ」(2017年10月27日~29日:カナダ・マーカム)では4位に終わった。今後は「ユース五輪アジア予選」(2017年11月3日~5日:インド)に出場するため、休みなくインドへ飛んだようだ。

今回の“遭遇2ショット”は世界を股にかけて活躍されている二人だけに、類は友を呼んだのかも(偶然でなくても凄い一枚ですが)。

カナダでは苦杯をなめた二人だが、これを糧に誰も見たことのない景色を笑顔で眺められる日が来ることに期待したいと思う。

合わせて読みたい→ 本田真凜、羽生結弦との“爽やか2ショット”披露!「美男美女」「お似合い」【画像】

※本田真凜さんの裏話は こちらからどうぞ

【管理人からのお知らせ】2021/4/15
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

\フォローする/

★おすすめサイト ヘッドライン