★おすすめサイト ヘッドライン

伊藤美誠&平野美宇の“こどもの日”幼少期ショットに反響!「二人共可愛い」【画像】

日本オリンピック委員会(JOC)の2022年5月5日付のツイッターが、卓球女子日本代表の伊藤美誠さん(21)と平野美宇さん(22)の幼少期ショットを公開しています。

ネット上では「二人共可愛い 現在は二人共綺麗」、「2人とも変わらないけど、綺麗なお姉さんになりましたね」などと、絶賛の声が挙がっています。

※黄金世代の幼少期。
sports_takkyu_women.png

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1.伊藤美誠&平野美宇の幼少期ショット

ボールを手のひらにのせ、初々しい表情でサーブのポーズを取っている平野さん(左)と、大人顔負けのガッツポーズをしている伊藤さん(右)の幼少期ショットで、どちらもトップの髪をまとめたちょんまげスタイルがキュートです。

上記の写真は5月5日のこどもの日にちなみ、クイズ形式で披露されたもので、ツイッターでは「すぐに分かりました」、「スクスクまっすぐ育ちましたね」、「ぜんぜん変わってないですね 可愛い!!」などと、ほっこりした声が出ていました。

2.過去に披露された伊藤美誠&平野美宇の幼少期写真

伊藤さん&平野さんの幼少期ショットは、過去にも様々なSNSで披露されています。

ここでは、それらをいくつか振り返ってみましょう。

2-1.伊藤美誠&水谷隼のツーショット

日本オリンピック委員会(JOC)の2021年8月7日付のインスタグラムが公開したもので、見事金メダルを獲得した「2020年東京オリンピック」の混合ダブルスでペアを組んだ水谷隼さん(32)のもとに駆け寄り、しゃがんで金メダルを掲げる“現在ツーショット”と、同じようにしゃがんだポーズの“幼少期ツーショット”です。

伊藤さんは4歳の頃に、水谷さんのお父さんが代表を務める「豊田町卓球スポーツ少年団」(静岡県磐田市)に入り、指導を受けたそうなので(情報元:静岡新聞)、水谷さんとは幼少期からのご縁です。

2-2.平野美宇の幼少期がみられるCM

平野さんが2019年4月26日付のインスタグラムで披露したもので、泣いたり笑ったりしながら卓球に打ち込む幼少期の映像が盛り込まれた、山梨中央銀行のCM動画です。

平野さんは3歳の頃から、母が指導する「平野英才教育研究センター卓球研究部(平野卓研)」(山梨県中央市)で腕を磨いたので、山梨は地元のようなものかも(生まれは静岡県沼津市です)。

2-3.平野美宇&森薗政崇&伊藤美誠の幼少期3ショット

伊藤さんのスタッフが2021年5月5日付のインスタグラムで披露したもので、右手の指を顔に添え、お化粧の仕草をしているようにもみえる伊藤さんの幼少期ショット(1枚目)です。

また2004年頃の平野さん(左)、森薗政崇さん(27)、伊藤さん(右)が並んだ“幼少期3ショット”(2枚目)もあり(平野さんと伊藤さんは3~4歳の頃)、平野さんと伊藤さんが幼少期から切磋琢磨してきたこともうかがえます。

3.まとめ

日本オリンピック委員会(JOC)の公式ツイッターが、5月5日のこどもの日にちなみ、伊藤美誠さんと平野美宇さんの幼少期ショットを公開しました。

おふたりはともに2000年に静岡県で生まれ(伊藤さんは磐田市、平野さんは沼津市の生まれ)、5歳の時に初めてダブルスを組むなど、幼少期から切磋琢磨してきました。

国際大会でも“みうみま”の愛称でダブルスを組み、2014年にはドイツオープンやスペインオープン、グランドファイナルを制したことも。

近年はダブルスこそ組んでいませんが、「2020年東京オリンピック」(2021年)の女子団体(伊藤美誠、石川佳純、平野美宇)で銅メダルを獲得したことも記憶に新しいところです。

今後も黄金世代を代表するおふたりの、さらなる活躍に期待したいと思います。

★ここまで、お読みいただきありがとうございます。

合わせて読みたい→ 伊藤美誠、美容誌で雰囲気ガラリの“最新メイク&ファッション姿”!「どかわいい」【画像】

※平野美宇さんのうわさは こちらからどうぞ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
★おすすめサイト ヘッドライン