★おすすめサイト ヘッドライン

山本彩、渋谷をジャックするも私服がダサすぎ?「部屋着やん」「好感持てる」【画像】

NMB48およびAKB48の山本彩(21)2014年10月31日、東京・渋谷に突然現われ、周囲を騒然とさせた。

だがそんな彼女の私服姿が、いろいろな意味で注目を集めたという。

ネット上では「かわええ付き合いたい」「部屋着やん」「こういうイモっぽい服装の方が好感持てるな」などと、絶賛の声が挙がっている。

※これがさや姉の“親近感”。
hakken_boy_girl.png

“さや姉”こと山本彩といえばNMB48の結成当時からキャプテンを務めており、現在はチームNのキャプテンを担当している。

彼女のその絶対的な存在感は、NMB48がこれまでにリリースした9枚のシングルのうち、3枚目以降を全て山本が単独でセンターを務めていることからも強くうかがえる(2枚目の「オーマイガー!」は山田菜々とのWセンター。2014年11月5日にリリースされる10枚目のシングル「らしくない」は白間美瑠(17)と矢倉楓子(17)がWセンターを担当することになり、山本中心のグループ体制は一度役目を終えそう)。

そんな山本は毎年恒例のAKB48選抜総選挙で、過去から順に28位(2011年、NMB48唯一の40位以内ランクイン)→18位(2012年)→14位(2013年、選抜入り)→6位(2014年、選抜入り)と着実に順位を上げており、AKB48グループ全体においても中心的役割を期待される立ち位置へと成長を続けている。

今年2月にはAKB48(チームK)のメンバーを兼任することが決まり、5月にはAKB48劇場への初出演も果たした。

今後もNMB48で発揮してきた強いリーダーシップとパフォーマンスの高さを武器に、AKB48に新風を吹かせてくれそうだが、そんな“さや姉”が10月31日、東京・渋谷に突如現れたようで…?

(以下引用)

短いズボンに小学生が履くような白い靴下。セーターにはなぜか「WOW!!」と書かれており、もうどこからどう見てもダサイとしか言いようがないのだが、本人的にはイケてると思っているらしい。

実はこれ、TwitterにUPされた画像を写真集に掲載するという企画の収録なのだ。そのため撮影大歓迎。

さや姉に気付いた人達はどんどんスマホで写真を撮り、Twitterにアップしてくれた。

(引用元:NETGEEK)

その“さや姉”が渋谷に現れた写真がコチラでみられる(↓)。

【画像】 NMB48山本彩が渋谷をジャック

胸に「WOW!!」と刺繍されたセーターはなかなかのインパクトではあるものの、ファッショナブルに着こなしているようにはあまりみえない。

それでも、彼女の背伸びしない親しみやすい雰囲気は溢れ出ている。

ちなみにこの日は通りすがりの人たちに“さや姉”をどんどん撮ってもらい、ツイッターに投稿してもらった画像をまとめて写真集にする企画だったらしい。

2ちゃんねるでは「ぐうかわ」「歩いてたら車降りてきた!可愛過ぎ!」「プライベートなんか?アイドルって大変だな」「でも微妙にオーラ感じるわ」などと、絶賛の声が挙がっていた。

どんなコンセプトの写真集に仕上げる意図があったかにもよるが、この日の“さや姉”の服装に関してはスタイリッシュなものではなく、あえてちょっと外した庶民的なものを選んだのかもしれないですし、彼女が渋谷を歩いていく中で人の輪ができ、いつの間にかハロウィングッズを着用するなど、ファンのパワーも借りながら次々に変化していく彼女の佇まいや表情を楽しめる流れを意図していたのかも。

3週間限定、山本彩が[誰でも撮り放題]に!
(※おそらくこの企画ですね)

“さや姉”はこの日、NMB48として「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)の生放送にも出演し、ニューシングル「らしくない」を披露しており、多忙な一日を走りきった。

この日も含め前代未聞の実験的な試みで制作されると思われる“さや姉”の写真集の仕上がりに注目したいと思う。

運良く撮影できた方(応募が必要)はひょっとすると表紙に使われるかもしれないですし、楽しみにされてみては。

★ここまで、お読みいただきありがとうございます。

合わせて読みたい→ 山本彩、CMで幼少時代の写真を公開!「可愛いな 今も昔も」「純和風な美人」【動画】

※山本彩さんのうわさは こちらからどうぞ

今日の注目ニュース→ 山下智久の解雇は秒読み?それとも飯島派独立の前触れ?山Pの謝罪現場にジャニーズ取締役広報部長が不在だったことの意味

【管理人からのお知らせ】2022/10/1
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
★おすすめサイト ヘッドライン
   
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告