★おすすめサイト ヘッドライン

KAT-TUNに解体の足音?赤西仁の全米ツアー決定の裏で、上田竜也もソロツアーへ!

KAT-TUNの赤西仁(25)が6月19日(日本時間20日)、米ロサンゼルスでソロ公演「友&仁」を開催し、ライブ後の会見で今後さらに7か所の全米ツアーを行うことを発表した。

一方5人でツアー中のKAT-TUNは、6月19日の熊本公演で上田竜也(26)のソロツアーを発表した。どうなる、KAT-TUN…?

(以下引用)

「会場がクラブということもあり、KAT-TUNのコンサートよりも大人っぽい雰囲気でしたね。英語の曲だけだったので、KAT-TUNファンというより、純粋な赤西ファンじゃないと楽しめない内容だったかも。

基本的にはスタイリッシュでカッコいいステージだったんですが、途中、着物を着た仁がお面をはずしていく、という演出があったんです。まあ、現地の人に向けたパフォーマンスなんだと思いますが、それが唯一ジャニーズらしい演出でしたよ」(現地へ行ったファン)

(引用元:サイゾーウーマン)

赤西仁が米国で上々のスタートを切ったようだ。今後は9~10月に、新たに全米7都市(ニューヨーク、シカゴ、ヒューストン、サンフランシスコ、アナハイム、ロサンゼルス、ラスベガス)を回るクラブツアーを行うことが決まったという(情報元:井上公造芸能)。

これにより赤西は、少なくとも10月までは米公演を中心に活動することになった。これに対し、残された5人のKAT-TUNの動向は…?

(以下引用)

運営側としては苦しくても、今まで以上にファンサービスが盛り込まれた演出や、ゴクーン(5人のKAT-TUN)の和気あいあいとしたMCなどは、ファンの間でも評判は上々。さらには6月19日の熊本公演では、上田竜也のソロツアーが発表された。

「聞いたファンも大喜びでした。でも、仁がいない状態で、たっちゃん(上田)までソロツアーとなると、『いよいよKAT-TUNが解体されるんじゃないか?』と不安がるファンも。しかもワールドツアーと並行するスケジュールに、『じゃあ、なんで仁はソロコンだけなの?』と疑問に思ってしまいました」(公演に行った上田ファン)

(引用元:サイゾーウーマン

上田もソロツアーへ出るようだ。ただし、上田は、KAT-TUNのワールドツアーと並行してソロツアーを実施する予定だという(赤西は、KAT-TUNのツアーには合流しない)。

これを受けて、上田は両方やるのに赤西はなぜソロだけなのかという見方もあるようで、かえって不安を覚えるファンも。

はたして上田のソロが、KAT-TUN解体を暗示するものなのか、あるいは赤西合流が先送りになった今、この際ソロ活動を充実させようと方針転換をしたに過ぎないのか。

通常であればメンバー全員が足並みを揃えて、グループ初のワールドツアーに向かうのが理想のはずだと思うが、この逆行ぶりはある意味すごい。

赤西が成功し、それに上田も続くようなら、全く予想もしていなかった形での上昇気流が巻き起こる可能性もはらんでいそうだ。

赤西がジャニーズ脱退を画策しているという噂も一部で出ているが、はてさて。KAT-TUNの今後が益々気になるところ。

【管理人からのお知らせ】2019/4/5
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★関連記事

★KAT-TUNのニュースを探すなら

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

\フォローする/

★おすすめサイト ヘッドライン

コメント

  1. るな より:

    現地スタッフに
    チケット余って日本人狙いの旨いもの市場で宣伝ってバラされてたよね
    必死なんだろうけど
    ジャニーズ公表記事が嘘だらけで何がしたいんだろう?
    赤西くんの人気の無さよりジャニーズ自体の価値が急降下で迷走中

  2. 通りすがり より:

    ジャニーズ事務所がお金を払ってマスコミ招待したんだもの、無料で招待されて悪い記事なんか書けないでしょう。
    実際向こうのメディアは無関心らしいし・・・
    亀梨くんのソロ曲「1582」で使われた曲を使ったり、滝沢くんの構成を真似したショーだったと言われてますが・・・
    今回 初めて、KAT-TUNの魂に行って、5人のKAT-TUNのファンになっちゃいました。
    めっちゃメンバー同士仲いいし、めっちゃ楽しかった♪
    赤西くんがいない方がいいと思う。

  3. みぃ より:

    ソロ活動の一体何がいけないんでしょうか。
    個人個人がんばってKAT-TUNを広めていくことは
    いけないことなのでしょうか。
    確かにKAT-TUNのツアーに参加せず
    アメリカへ向かってしまったことは
    6人のパフォーマンスが見たかったし
    日本よりアメリカ…??
    って思ってとてもショッキングでした。
    しかし、仁くん本人は2度とないかもしれないチャンスを
    掴みにいっただけですし…。
    いまいち世間からバッシングをあびせられてる意味がわかりません;
    ジャニーズのファンでさえ
     脱退すればいい、KAT-TUNには必要ない
    そんなふうな見方しかできないなんて…涙
    さみしいですね。