★おすすめサイト ヘッドライン

本木雅弘、「おくりびと」の深イイ話!主人公が納棺師になる前にチェロ奏者だったワケ!

日本映画として初の「アカデミー賞 外国語映画賞」を受賞した滝田洋二郎監督の「おくりびと」。

本木雅弘が演じる「納棺師」が話題だが、作品中の彼の前職は、なんと「チェロ奏者」だ。なぜ「納棺師」の前に「チェロ」が必要だったのだろうか…?

musician_cello_man.png

(以下引用)

チェロの形というのは、人の形をしていると言われていて、まさに胴体の部分のくびれは、女性のウエストに当たる。そして、いい音を出すには、力を抜いてやさしく弾かなければいけない。まさにその扱いと手の動きが、納棺師と共通していることに気がついたそうだ。

(引用元:井上公造芸能 芸能裏ネタ! 長谷川まさこ記。本木さんにチェロを教えた元「G-CLEF(ジークレフ)」の柏木広樹さんへのインタビュー)

チェロは、人の形をしているとも、人の声で歌うとも言われているそうだ(情報元:WEBシティ札幌 チェロと声で伝えるおはなし)。

本木雅弘は企画の段階で、人の分身を抱くように弾くチェリストの動作が、納棺師の所作とつながると考えたのかもしれない。

おくりびと」は、本木が1996年に青木新門・著の「納棺夫日記」を読んで感銘を受け、本木自らが青木宅を訪れ映画化の許可を得たという経緯があるようだ(情報元:ウィキペディア)。

本木の思い入れが強く感じられる作品だが、「死」というテーマを扱いながら決して暗い内容ではないという。

家族愛や仕事への自負などが実にユーモアなタッチで描かれているそうで、むしろ前向きでハートフルな作品らしい。

日本的な死への美学に、ユーモアな部分が組合わさったところが、海外から高く評価された理由かもしれない。

合わせて読みたい→ 本木雅弘の長男がデカイと話題!「息子の足なげえな」「2mぐらいないか?」【画像】

※本木雅弘さんのニュースまとめは こちらからどうぞ

【管理人からのお知らせ】2021/4/4
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

\フォローする/

★おすすめサイト ヘッドライン

コメント

  1. 匿名 より:

    なるほど。
    バイオリンが人の声(歌)に近いから心地よいと言いますが…。

  2. セブン より:

    >なるほど。
    >バイオリンが人の声(歌)に近いから心地よいと言いますが…。
    ご訪問者さま
    はじめまして♪ご訪問&コメントありがとうございます。
    バイオリンにもそのようなお話があるんですね。
    チェリスト、バイオリニストの方にお話をお伺いしてみれば、
    日ごろどのようなお気持ちで
    楽器に触れられているかわかるのでしょうね。
    納棺についても、温かい気持ちで行っていただけると
    送る側の方達も素敵な気持ちになると思いました。
    また気軽にお立ち寄りくださいませ★
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。