★おすすめサイト ヘッドライン

秋元康の妻・高井麻巳子の近影が話題!「今でもかわいい」「昔の面影まだ残ってる」【画像】

AKB48のプロデューサー・秋元康氏(55)の妻で、元おニャン子クラブのメンバーとしても活躍した秋元麻巳子氏(46、旧姓=高井麻巳子)の近影が話題になっている。

小説家・林真理子氏(59)の2013年6月4日付のブログで紹介されたもので、ネット上では「今でもかわいいね」「昔の面影まだ残ってるんだね、懐かしいわ」などと絶賛の声が挙がっている。

fashion_wafuku_woman.png

(以下引用)

初日とあってVIPでいっぱい。

小泉純一郎さん、ホリエモンさんもいらしてました。

私は、相変わらずお人形のように愛らしい秋元麻巳子さんと行きました。

仲良しの中園ミホさんも一緒。

記念にパチリ。

麻巳子さん、着物がすごーく似合います。

(引用元:林真理子オフィシャルブログ 6/4「六月大歌舞伎初日」)

その麻巳子さんの近影写真がコチラでみられる(↓)。

【画像】 林真理子&秋元麻巳子
(※右が麻巳子さん。情報元:林真理子ブログ)

凛とした着物姿がお綺麗な一枚。ちなみに麻巳子氏は林氏と脚本家・中園ミホ氏(53)と3人で、4月に新開場した歌舞伎座の「柿葺落六月大歌舞伎」を観劇してきたようだ。ネット上では、以下のような意見が出ていた。

(以下、Twitter、2ちゃんねるより抜粋)
今でもかわいいね
変わらず綺麗だな(※)」
昔の面影まだ残ってるんだね、懐かしいわ
「突然の引退は衝撃的だったな。しかも相手秋元ちゃんだし」
「夫が年に何十億円も稼ぐと、どういう生活になるんだろうね」
「金はあっても苦労感が滲みでている(※)」
「ゆうゆは元気なのか…気になる」
(情報元:Twitter、※は2ちゃんねる)

そんな高井麻巳子といえば、1985年にバラエティ番組「夕やけニャンニャン」(フジテレビ系)の人気コーナー「アイドルを探せ」でスカウトされ、おニャン子クラブ会員番号16番としてデビューした(情報元:ウィキペディア)。

また岩井由紀子(45、ゆうゆ)とのデュオ「うしろゆびさされ組」として活躍したことでも知られる。

その後、1988年5月に秋元康氏と結婚して芸能界を引退、2001年に長女を出産した。

現在はエッセイストやイラストレーターなどとしても活動する傍ら、株式会社秋元康事務所の監査役も務めているようだ(情報元:ウィキペディア)。

今回の写真からもご健在のようでなによりだが、名プロデューサーの妻ならではの様々な苦労もおありなのでしょうね。エッセイなどで近況を聞かせてもらえると、往年のファンは喜ぶかも。

★関連記事

★最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

【管理人からのお知らせ】2022/5/13
※アイキャッチ画像を変更させていただきました。ご了承下さいませ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
★おすすめサイト ヘッドライン
   

コメント

  1. 匿名 より:

    林真理子って有名人の名前出して
    自分はすごいと思わせたいタイプ
    全然変わってないんだなー外見も内面も

  2. 匿名 より:

    おにゃん子の中では一番好きだったけどなんで秋元なんかと結婚したんだと当時はちょっとショックだったなぁ

  3. 天川貴之 より:

    林真理子さんは、高校生の時から読んでいた作家、そして、私も、高校生の時から、桜咲く園として出ているし、そこから、青春に自省録として、世の中に出ていく。三島由紀夫もそうである、彼は親戚にあたるので、写真集にも引用した。あの頃の、東山さんの絵が居間にあるけど、今、170万円もするんだね。三島由紀夫は、豊饒の海が一番いいとも思う。谷崎潤一郎について、林さんが、最後の文豪と呼んでいたのが、印象的。

  4. 天川貴之 より:

    近所の紀伊国屋には、青春の自省録おいてあるけれど、蔦屋にはない。兵庫県高砂市の地元である。稲盛和夫推薦だから、稲盛和夫さんの横でも、友達の饗庭さんのトランプ革命の横でもよいのにね。これだけ、新聞の全国紙の一面にのっているのにね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告