★おすすめサイト ヘッドライン

真木よう子、14年前の写真を公開!「全然変わってない」「素晴らしく美しい」【画像】

女優・真木よう子(32)が2014年10月17日付のインスタグラムで、14年前の自身の写真を披露している。

ネット上では「えー!全然変わってない!!」「ずっときれいなままでうらやましい」「美しい。素晴らしく美しい」などと、絶賛の声が挙がっている。

※デビュー前のものと思われる一枚。
book_idol_poster_woman.png

事務所に来て14年前の自分発見! キャー」とのことで、14年前となるとおそらく真木が18歳の頃の一枚。

凛とした瞳が印象的で、現在とそれほど変わっていないようにみえる。

インスタグラムでは「今も昔もキレイ」「アーティストみたい」「自分の18の頃と違いすぎる」「遠くを見つめる眼差しの向こう側に辿り着きましたね!」などと、絶賛の声が出ていた。

そんな真木といえば中学卒業後の1998年に応募者約1,000人の中からわずか5人の合格者に選ばれ、俳優・仲代達矢(81)主宰の俳優養成所「無名塾」に入塾したことで知られる(同期に俳優・滝藤賢一(37)、俳優・内浦純一(39)がいる)。

真木は「無名塾」に入塾後、少しでも稽古を多くしたいと思ったことから、合宿で日課となっていた早朝の持久走を早い時間に済ませ、先に発声練習をして集合場所で待っていたが、それを見た仲代がサボったと思い激怒し、これがきっかけで1999年頃には退塾してしまったとか(情報元:ウィキペディア。スポーツ報知)。

上記の写真はその頃の一枚かも。

それでもその後、地道な活動を続けた真木は、2014年3月7日に発表された第37回日本アカデミー賞において、映画「さよなら渓谷」で最優秀主演女優賞、映画「そして父になる」で最優秀助演女優賞を受賞し、俳優としては1979年の女優・大竹しのぶ(57)以来35年ぶり2人目のダブル受賞を達成するなど、実力派女優と言われるまでに成長した。

真木よう子、「MOZU」現場で明かした意外な夫婦生活とは?「旦那が全部やってくれる」
(※結婚して、一児のママでもあります)

現在はドラマ「MOZU Season2 ~幻の翼~」(TBS系、2014年10月期。2014年6月~7月にWOWOWでも放送済み)や、映画「まほろ駅前狂騒曲」(2014年10月18日公開)に出演中のほか、来年には主演映画「脳内ポイズンベリー」(2015年公開予定)の公開も控えている。

真木が14年前に、これだけの活躍をしていることを想像しただろうか。

あるいは今なお、こんなものではないと更なる飛躍を見据えているのだろうか。

注目作への出演が続く今後の彼女の活躍に注目したいと思う。

★ここまで、お読みいただきありがとうございます。

※真木よう子さんのニュースはこちらから 芸能ニュースまとめ

今日の注目ニュース→ 「まれに見るクソ商法」Sexy Zone3周年記念も“3人体制”、CD13枚セット商法で非難の嵐

【管理人からのお知らせ】2022/9/29
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
★おすすめサイト ヘッドライン
   
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告