★おすすめサイト ヘッドライン

きゃりーぱみゅぱみゅ、深瀬慧との写真流出とまらず!母親は「あなたの代わりはいっぱい」と辛口エール

歌手・きゃりーぱみゅぱみゅ(20)と4人組バンド「SEKAI NO OWARI」のボーカル・深瀬慧(28)の“花火デート”を、2013年6月11日発売の「週刊女性」が報じた。

その後もTwitterなどで2人の目撃情報が相次いでいるが、厳しくもあり良き理解者でもあるきゃりーの母親は今回の報道をどう受け止めているのだろうか…?

interview_woman.png

きゃりーとセカオワ深瀬が、6月1日に行われた神奈川・逗子市の「第56回逗子海岸花火大会」で目撃されたという。

逗子の花火といえば、今年は約7,000発を打ち上げ(情報元:第56回逗子海岸花火大会のHP)、観客も例年10万人規模を誇る人気大会として知られる。だがそんな“大混雑スポット”でも、人気者のふたりだけにあっさりと見つかってしまったようだ。

きゃりーぱみゅぱみゅ、SEKAI NO OWARIの深瀬慧と花火デート!すでに交際中?【画像】

そんな2人は2013年6月10日にも目黒駅前で、6月16日にも電車内でそれぞれ目撃されたほか、ネット上ではおそろいの指輪やTシャツ、スニーカーなどを身につけている画像まで確認されているようだ(↓)。

きゃりーぱみゅぱみゅと深瀬慧がお揃いの指輪で結婚秒読み?画像は?
(※いろいろまとめ。情報元:ネトスポ)

2人がかなり親密な関係に発展していることは間違いなさそうだが、きゃりーを幼少期から厳しくしつけてきたことで知られ、現在もよき理解者であるとされるきゃりーの母親は、深瀬についてどう思っているのだろうか…?

(以下引用)

さっそく、深瀬について聞くと、「渋谷公会堂でのきゃりーのライブのとき会いましたよ。小柄な方ですね。こちらが見つけて〝いつもお世話になっています。いろんなところに連れてってくれてありがとう〟と声をかけました。たいへん緊張していましたよ(笑い)

(引用元:週刊女性)

きゃりママは深瀬を見つけ、自分から声をかけたことがあるとか。

ちなみにきゃりママが「週刊女性」の取材に応じた際の格好は、缶バッジ付きの黒い帽子に派手なフレームのメガネというものだったというから、きゃりーも母親の個性的な一面を受け継いでいるのかも。

そんなきゃりー家といえば、厳しい躾をしてきたことで知られる。きゃりーの高校時代の門限は19時だったといい、携帯は20時にはリビングの充電器に置き、朝6時まで使用できなかったとか。

また食事中に肘をついたら腕を叩かれたり、ウソをついたら携帯没収1週間~10日でパソコンもロックされたという(情報元:女性セブン 2011年9月29日・10月6日号)。

また2013年6月23日放送のトーク番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)では、きゃりーが高校3年生の頃、20時の門限に5分遅れてしまい、家に入れてくれず、その日は知り合いの家に泊まったとのエピソードを披露していた。

そんな厳しさからきゃりーは母親を恨んでるのかと思いきや、「いま感謝する瞬間はむちゃくちゃあって。大人の人と仕事する上で、ちゃんとしてるねって褒められるのはお母さんが厳しくいってくれたから。人と話すときとか思いやりの気持ちとか、マナーの基礎を教わりました」(情報元:女性セブン 2011年9月29日・10月6日号)と、母親に対して感謝の気持ちを持っているようだ。

そんな良好な親子関係も垣間見える2人だが、きゃりママはきゃりーと深瀬の関係についてどう思っているのだろうか…?

(以下引用)

――深瀬さんとの関係は?

「一緒にいて安心できる、邪魔にならない存在なんだと思います。中学・高校時代はまったく異性の友達はいないし、ひとりっ子だから、お兄ちゃんのように思ってるんじゃないかな。お互いに音楽関係だから情報交換しているみたい。

それに、私はメールで、もし深瀬さんを〝彼〟と思った場合は、仕事と両立はできないよ、と言っています。選ぶんなら、仕事はもうやめるんだねと。友達という一線を越えるようなら、仕事が中途半端になっちゃう。あなたの代わりはいっぱいいるよって。送った後、《しょぼんぬ。。。。。》ってツイッターに載せていましたよ(笑い)」

つまり、母親にとってはまだ娘の〝彼〟ではないわけだ。そこでもし、きゃりーが仕事をやめて〝彼〟を選ぶ決断をしたら、と水を向けると、「それはしないと思っていますが、もしそういう場合は、話をするから連れてきなさいと言いますね

(引用元:週刊女性)

きゃりママは「もし深瀬さんを〝彼〟と思った場合は、仕事と両立はできないよ」とクギを刺したとか。

若い頃に恋愛を経験することもとっても大切なことなんでしょうけど、彼女が一番光り輝いているこの時期を無駄にしてほしくないという意味も込めての厳しいエールといえるのかも。

きゃりーぱみゅぱみゅのTwitter(2013/6/7)
(※きゃりーは「しょぼんぬ。。。。。」)

きゃりーがいつどこでどんな決断をするかはわからないが、きゃりママのアドバイスにも耳を傾けながら、今後も“世界征服”を目指していくことになりそう。

★関連記事

★いろんなところに抜けられます 【ネタたっぷり】人気ブログランキング

【管理人からのお知らせ】2022/5/13
※アイキャッチ画像を変更させていただきました。ご了承下さいませ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
★おすすめサイト ヘッドライン
   

コメント

  1. 匿名 より:

    深瀬
    超歌ヘタなんだよ
    アーティスト気取りのアイドルにもならねぇヘタさ

  2. 匿名 より:

    つか、きゃりーさん知られてるだけでも元カレ何人かいるし、深瀬とも間違いなく深い仲だろうし、お母さんそれについては見て見ぬふりしてるの? 高校生ときは吉本のカ●タレだったという噂まであるし。

  3. 匿名 より:

    ↑お前週刊誌とか簡単に信じそうだなwww

  4. 匿名 より:

    そもそもきゃりーぱみゅぱみゅはアイドルじゃないだろう

  5. 匿名 より:

    厳しい親が、小学生の自分の娘スク水姿にさせてイメージビデオになんか出すかよ

  6. 匿名 より:

    門限遅れたら家に入れない→外泊って
    本末転倒じゃないのか

  7. フランソワぱみゅぱみゅ より:

    厳しい親が子供の水着写真…。良く許可したね。深瀬くんを彼って書いても別にいいじゃん。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告