★おすすめサイト ヘッドライン

橋本マナミ、新幹線で移動中のすっぴん披露!「キレかわええ」「メイク不要かと」【画像】

グラビアアイドルで女優の橋本マナミ(31)が2016年2月7日付のブログで、新幹線での移動中に美顔器を頬に当てながら肌のお手入れをしている最中の“すっぴん”写真を披露している。

ネット上では「キレかわええー!」「見惚れちゃいます」「メイク不要かと」などと、絶賛の声が挙がっている。

※名古屋へ移動中の“スッピンショット”。
biganki.png

透明感のある美肌が印象的で、リラックスしているような微笑みからは移動時間でさえ楽しんでいる様子も伝わってくる“移動中すっぴんショット”。

この日(2月7日)は情報番組「スタイルプラス」(東海テレビ、日曜12:00~13:45)に生出演したようなので、その道中の一枚かも。

コメント欄では「いやいやいつみても、お綺麗」「べっぴんさん」「凄く透明感があるお肌」などと、絶賛の声が出ていた。

ちなみに橋本は2015年11月25日付のブログでも、東京・代官山の整骨院を訪れたことを報告し、「すっぴんでもこの引き締まりですからかなりおすすめです」とのコメントとともに、“すっぴん”と思われる写真を披露していた。

この時も、ネット上では「めちゃくちゃキレイ」「スッピンなのにマナミちゃん 色っぽい」「素敵なお写真ありがとう!」などと、絶賛の声が挙がっていた。

そんな橋本マナミといえば1997年(13歳頃)の「第7回全日本国民的美少女コンテスト」で演技部門賞を受賞したことをきっかけに芸能界入りし、当初はオスカープロモーション所属の“橋本愛美”名義でドラマに出演したり、グラビア活動などを行っていたことで知られる。

2012年にオスカーからアービングに移籍し、芸名も現在のものに変更したが、当時タレント・壇蜜(35)が色気だけでなく知的で品性なども兼ね備えた独自の“アラサーポジション”を築きブレイクしており、橋本もそんなブームにうまく乗ることができたのか、30歳を迎えた2014年頃から徐々にブレイクし、現在は“アラサーグラドル”の代表格として“最も愛人にしたい女性”の異名を取るなど、多数の週刊誌等の表紙に起用されるなどの活躍をみせている。

そんな橋本は昨今グラビア活動に留まらず、バラエティ番組やドラマなどテレビでの露出も急増している。

ニホンモニターが毎年発表している恒例の「2015タレント番組出演本数ランキング」では、142番組に出演したことが明らかになり、2014年の54番組から約3倍の出演本数となったことから「2015ブレイクタレント」に名を連ねた。

さらに“2015出演タイトル本数”の女性部門でも82タイトル出演の8位にランクインするなど(1位は鈴木奈々の135タイトル)、もはやセクシーさをウリにするだけのタレントではないことを実証した。

橋本にとって売れるまでの長い潜伏期間が大きな糧になったと思われますし、現在はバラエティ番組「志村の時間」(フジテレビ系)や、ワイドショー番組「オトナの夜のワイドショー!バラいろダンディ」(TOKYO MX、木曜レギュラー)、ゴルフ番組「ゴルカツ。~ゴルフで人生を楽しくしよう!~」(関西テレビ、MC)でレギュラーを務めるほか、数々の旅番組や昼の情報番組にも単発出演するなど、セクシー路線だけでなく、癒し系路線でも需要が見込まれているようだ。

さらに近年は女優業にも積極的で、2015年は連続テレビ小説「まれ」(NHK、2015年上半期、3回の出演)や、ドラマ「ナポレオンの村」(TBS系、2015年7月期)、スペシャルドラマ「私の青おに」(NHK BSプレミアム、2015年11月18日)、スペシャルドラマ「視覚探偵 日暮旅人」(日本テレビ系、2015年11月20日)、スペシャルドラマ「ダマシバナシ」(日本テレビ系、2015年12月20日)に出演するなど、幅広い活躍が光っている。

2016年もスペシャルドラマ「ドクターX~外科医・大門美知子スペシャル」(2016年夏放送予定)への出演が決まるなど、さらなる飛躍の一年になりそう。

そんな多忙ぶりのなかでも、ほぼ1日1回のブログ更新はペースを崩さず続けているところに彼女の人柄が垣間見えますし、ファンを大切にする地道な活動もまた人気の秘訣かも…?

★ここまで、お読みいただきありがとうございます。

合わせて読みたい→ 橋本マナミ、“愛人キャラ”想像つかない“17歳時”の写真公開!「清純派だったね」【画像】

※橋本マナミさんの裏ネタを一気読み 芸能人ブログ全集

【管理人からのお知らせ】2022/8/2
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
★おすすめサイト ヘッドライン
   
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告