★おすすめサイト ヘッドライン

安室奈美恵&KEIKOの“歌姫2ショット”を小室哲哉が公開!「泣けてきちゃう」【画像】

音楽プロデューサー・小室哲哉(58)が2017年10月15日付のインスタグラムで、過去に撮影されたものと思われる妻・KEIKO(45)と安室奈美恵(40)のツーショット写真を披露している。

ネット上では「むっちゃくちゃ貴重な1枚」「あの頃の自分思い出します」「なんか、色んな思いがこみ上げて泣けてきちゃう」などと、絶賛の声や感慨深げな声が挙がっている。

※1990年代には“小室プロデュース”で一世を風靡した安室さん。
friends_girl.png

【画像】 KEIKO&安室奈美恵・2ショット

晴れやかな笑みを浮かべ、あどけない表情も印象的な安室(左)と、彼女に寄り添いながら嬉しそうな笑顔をみせるKEIKO(右)の“モノクロ歌姫2ショット”。

小室さんが「僕からしたら、奇跡の1枚」、「撮影してくれた方にありがとうと、伝えたい」と記している点からは、どなたかが撮影したものを入手した一枚であるとも思われますし、写真の雰囲気からは安室さん、KEIKOさんがブレイクした当時の写真であることもうかがえる。

インスタグラムでは「お二人ともいい笑顔」「一瞬、一瞬、今が大事ってことですね」「安室奈美恵のカッコいいダンスと歌、Keikoのイメチェン金髪とパワー有る歌唱力はもの凄く輝いてました!」「もう一度でも良いから安室ちゃんが引退するまでに小室ファミリーの歌聴きたい」などと、ほっこりした声が出ていた。

そんな安室奈美恵といえば、40歳の誕生日となる2017年9月20日付の公式サイトで、デビュー25周年(2017年9月16日)を迎えられたことに感謝の意を表した一方で、2018年9月16日に芸能界を引退することを電撃発表し、世間を驚かせたばかり。

安室は、1990年代に音楽プロデューサー・小室哲哉によるプロデュースのもとシングル「CAN YOU CELEBRATE?」(1997年2月19日発売)や「Don’t wanna cry」(1996年3月13日発売)、「Chase the Chance」(1995年12月4日発売)、「You’re my sunshine」(1996年6月5日発売)、「a walk in the park」(1996年11月27日発売)がミリオンヒットを飛ばすなど一世を風靡した。

そんな1990年代には安室のルックスをまねる“アムラー”が女性ファンの間で大ブームとなるなど、社会現象となったことでも知られる。

またKEIKOも、小室哲哉マーク・パンサーとの3人組音楽ユニット「globe」としてシングル「Feel Like dance」(1995年8月9日発売)でデビューし、その後も「DEPARTURES」(1996年1月1日発売)、「Can’t Stop Fallin’ in Love」(1996年10月30日発売)、「FACE」(1997年1月15日発売)などが立て続けにミリオンヒットを記録したほか、デビューアルバム「globe」(1996年3月31日発売)が400万枚超、2枚目のアルバム「FACES PLACES」(1997年3月12日発売)も300万枚超を売り上げるなど、1990年代に一世を風靡した。

小室とKEIKOはプライベートでも縁があり2002年11月に結婚したが、2008年に小室に巨額の“借金騒動”が持ち上がったほか(すでに和解)、2011年10月にはKEIKOがくも膜下出血で倒れるなど、現在は夫婦で支え合いながら前進している最中であると思われる。

小室が、安室やKEIKOの才能を引き出し、道しるべを示したことに、彼女たちが応え、その輝きがより一層増したことで、当時のファンをはじめ多くの人をいまでも魅了する存在であり続けているようにみえる。

小室は、安室が引退を表明した翌日(2017年9月21日)付のツイッターで、「これからいよいよブレイクして行くのだなあという瞬間に立ち会えてから20年、あらゆる奇跡を起こし、足跡を残し、そんな姿を誇らしく思い、そして、あと1年で卒業という現実を知る」「このプロセスはなかなか味わう事はないでしょう。奈美恵ちゃんには、最高の日々を過ごしてもらいたいです」と、大きく羽ばたく瞬間に立ち会った一方で、来年にはマイクを置く決断を下した安室に、感慨深げなエールを送った。

そんな安室の引退が一年を切るなか、小室は2017年8月15日付のインスタグラムで、病後初となるKEIKOの歌声を公開し、KEIKOが少しずつでも着実に回復していることをうかがわせた。

小室プロデュースでCDをリリースした面々は“小室ファミリー”と呼ばれたが、過去にはそのメンバーである安室やKEIKOをはじめ華原朋美、trf、内田有紀、観月ありさらがコラボしたチャリティーシングル「YOU ARE THE ONE」(1997年1月1日に発売。TK presents こねっと名義。売上は小・中学校のパソコン普及資金に充てられたとされる。情報元:ウィキペディア)がリリースされたこともある。

マイクを置く安室、復活したKEIKO、彼女たちを見守ってきた小室らが一同に会し、「YOU ARE THE ONE」を歌える日が来ると素敵だと思う。

★ここまで、お読みいただきありがとうございます。

合わせて読みたい→ 小室哲哉、KEIKOの病後初の歌声を公開!「変わらぬ綺麗な歌声で涙が出ました」【動画】

※安室奈美恵さんの裏話は こちらからどうぞ

【管理人からのお知らせ】2022/7/28
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
★おすすめサイト ヘッドライン
   
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告